京都市西京区桂東洋鍼灸整骨院の膝痛施術

受付時間

TEL

膝痛

こんな症状でお悩みではありませんか

  • しゃがめない
  • 中が痛む
  • 伸ばせない
  • 朝一の痛みが強い
  • 夜眠れない
  • 間動けない
  • 動いていくとすぐ引く
  • 病院で注射をしているが変わらない

膝痛は見極めが肝心|桂東洋鍼灸整骨院

人間の膝は、外から皮膚→脂肪→筋肉→靭帯→関節包→半月板→軟骨→関節(骨)の順になっており、とても複雑な構造になっています。

裏を返せば、それだけ重要な場所で負担のかかりやすい場所と言えます。構造上複雑な箇所に痛みが出ると、痛みの箇所を見極めるところから始めなくては行けません。

半月板、靭帯断裂などは病院で手術をしなくてはいけませんが、それらには問題がなく、「膝の筋肉が痛い」「関節の中が痛い」「内側が痛い」などの場合は当院でも施術が可能です。もちろん手術の必要はありません。

膝痛で多いのが関節の炎症です。炎症が起きると痛みが出ますが、膝は関節内に炎症が起きやすいのですが、構造上施術を行うことが難しくなり、時間がかかるのと、炎症の範囲が広がっていることが多いので痛みも引きにくいとされています。

膝痛への施術方法|桂東洋鍼灸整骨院

膝痛の発信源は炎症になりますが、その場所によって施術方法が変わってきます。

~関節の中が痛む~

関節の中やふちに炎症が起きているということになりますので、炎症を取り除く施術を行います。ハイボルテージ鍼灸施術を行いますが、炎症の大きさや範囲、痛みの程度を見極めて施術内容を変えます。

 ハイボルテージ:炎症の範囲が広ければハイボルテージを使用します。効果の一つに炎症除去作用がありますので、膝痛の炎症も引きやすいです。

鍼灸:炎症の範囲が小さくなってきたら、ピンポイントで狙える鍼灸を行い、効率的に炎症を抑えていきます。

~膝周辺の痛み~

膝周辺には大きな筋肉が多数存在し、同時に動きを微調整する細かい筋肉もあり、複雑に入り組んでいるので、筋肉全体を緩めることで症状緩和につながります。

鍼灸:筋肉の緊張緩和と全身のツボにも使用します。痛みをかばうように動くことで、膝以外の筋肉も緊張しやすいので、全身に対しても施術し治りを早めます。

ハイボルテージ:広範囲で筋肉を緩めることができるので、固い筋肉やコリが一番きつく出ている場所(硬結)に当てます。

運動指導|桂東洋鍼灸整骨院

膝痛がある方の共通点として、筋肉がうまく使えていないことが挙げられます。

動きの悪さで膝痛がでたり、治りの悪化を助長したりしますので、筋肉が満足に使えて動きがスムーズになることがより大事になります。そこで、

 ☆大腿四頭筋のトレーニング

仰向けで膝の下にクッションを入れ、それを膝の裏で押しつぶすように力を入れます。

太ももの前の筋肉(大腿四頭筋)を使うことで効率的にトレーニングができます。

※力を入れたときにかかとが床から浮かないようしましょう。

☆スクワット

立ったままから、ひざを曲げていきお尻が膝の位置に来るようにしましょう。

お尻を落としきると負担が大きくなるので、落とし切らないスクワットを心掛けましょう。

膝痛の施術を受けて頂く上で|桂東洋鍼灸整骨院

膝痛は、すぐに痛みが取れにくいことがほとんどです。

どこに行っても変わらなかったという方が多いかと思いますが、やみくもに施術しても改善しません。時間がかかるので「いつまでも良くならない」「治るのかな」という不安な気持ちになってしまいます。

当院では、そのようなお気持ちも汲み取って施術を行います。根気強く施術を続けることで、確実に症状は改善します。

膝痛にお悩みの方は、お気軽に相談ください。一緒に治していきましょう。

桂東洋鍼灸整骨院

TEL

住所
〒615-8036
京都市西京区下津林南大般若町88 アルテハイム桂1F
駐車場
5台完備

受付時間