京都市西京区桂東洋鍼灸整骨院の鵞足炎施術

受付時間

TEL

鵞足炎

こんな症状でお悩みではありませんか

  • スポーツ(ランニング、サッカー、野球、水泳等)をしている時に膝の内側が痛い
  • ストレッチをした時に膝の内側が痛い
  • 階段の昇り降りで膝の内側が痛い
  • 膝の内側からすねにかけて痛い

鵞足炎とは?|桂東洋鍼灸整骨院

膝の内側に付く筋肉縫工筋・薄筋・半腱様筋の三つあり、これらの腱が集まった状態を鵞足(ガチョウの足のような形をしているため)といい鵞足部で靭帯、腱、骨が運動等の摩擦で傷つき炎症が起きた状態を鵞足炎といいます。

また、鵞足の下にある滑液包に炎症が起きた場合を鵞足滑液包炎といいます。

鵞足炎は何故起こるの?|桂東洋鍼灸整骨院

発症の多くは膝の使い過ぎです。特に膝の曲げ伸ばしに伴う「外反」(膝が内側に入る動き)と「外旋」(つま先が外を向く動き)運動時では方向転換時等の影響が大きく、この時に鵞足部の靭帯、腱、骨同士がこすれることで発生します。

起こりやすい状況

・エックス脚

・扁平足

・回内足

・足首が硬い

・変形性膝関節症

・足の内側に重心のかかる靴を履いている

・アスファルト等の硬い地面の走行

・坂道等の重心が偏る道の走行

鵞足炎を放っておくとどうなるの?|桂東洋鍼灸整骨院

スポーツ時の痛みがきついだけでなくパフォーマンスが落ちてしまったり、酷くなると安静時にも痛みを伴うようになり日常生活に支障をきたします。 鵞足炎は初期には軽い痛みがある程度なので運動もできますが、酷くなってからでは治るのにも時間がかかってしまうのでできるだけ早く治療をすることをお勧めします。

自分でできる事(予防)は?|桂東洋鍼灸整骨院

・急に運動量を増やさない

・運動の前後にはウォーミングアップ、クールダウンをしっかり行う

・ランニング等はクッションがしっかりとある靴で行う

・運動はできるだけ柔らかい地面や平坦な道で行う

・筋トレ、ストレッチを行いケガをしにくい体にする

 競技復帰の判断基準は?

・押えた痛みがない

・走ったりした時の痛みが無い

・足を捻る動きでも痛みが無い

・ストレッチでも痛みが出ない

桂東洋鍼灸整骨院

TEL

住所
〒615-8036
京都市西京区下津林南大般若町88 アルテハイム桂1F
駐車場
5台完備

受付時間