京都市西京区桂東洋鍼灸整骨院のアキレス腱炎施術

受付時間

TEL

アキレス腱炎

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 朝一にアキレス腱と踵(かかと)が痛む
  • アキレス腱をつまむと痛む
  • 歩いてるだけなのにアキレス腱や踵(かかと)が痛む
  • つま先立ちができない
  • スポーツに支障が出て、思いっ切り楽しめない
  • すぐに大事な試合があるのに、一向に良くならない
  • 自分の思うように競技のパフォーマンスが発揮できない
  • 自分だけ…と悩んでしまう
  • 別メニューばかりでつまらない…
  • 思いっ切りスポーツが楽しめない

アキレス腱炎になってしまう原因とは?|桂東洋鍼灸整骨院

アキレス腱の周りには、動きを滑らかにしてくれる組織が取り巻いています。かつ栄養を与えています。アキレス腱炎は、アキレス腱を取り巻く組織が炎症起こしてしまう病態です。多くはスポーツ活動による下腿三頭筋の収縮(使いすぎ)の繰り返しによりアキレス腱部の圧痛・腫脹がみられ、慢性化するとアキレス腱が硬くなってきます。

要は、

・使い過ぎ(過度な練習の繰り返し)

・練習/試合後のケアを怠った

・小さな蓄積を我慢して放置してきた

・何かしらあった症状(痛みなどのサイン)を無視してしまった

等が原因に挙げられます。

練習もそうですし、大事な試合があるので少しの時間でも部活の為にと当てる気持ちは分かりますが、「カラダへのサイン‼」が出た時点でお近くの整骨院へ駆け込むことをお勧めします。

アキレス腱炎の病態・特徴|桂東洋鍼灸整骨院

朝方を中心にアキレス腱や踵(かかと)部分に痛みが生じやすく、動かしずらさもあります。放置して慢性化してしまうとシコリで出来てしまいます。シコリや慢性症状を放っておくとチョットした負担が掛かったときにアキレス腱が断裂する可能性があります。 スポーツ活動をされる方は、運動時や安静にしていても症状が出るケースが多いです。

・運動時の症状

・アキレス腱や踵(かかと)の部分に症状が出る(押えて症状が出る)

・腫脹(腫れる)

・やや熱感を持つ

が特徴的です。

アキレス腱炎のスポーツ活動と 症状の種類と分類|桂東洋鍼灸整骨院

アキレス腱断裂:ランニングなどによる腓腹筋(ふくらはぎ)の急激な筋収縮やアキレス腱を伸ばした時の打撲により発生する。

切った時は「断裂音」を感じ、同時に歩行困難になる。

断裂部に一致して限局性圧痛、皮下出血が見られる。つま先立ちが出来なくなります。

アキレス腱痛症

アキレス腱滑液包炎、アキレス腱周囲炎、踵骨骨端炎などの疾患を除いた、原因が明らかではないもの。

アキレス腱滑液包炎

アキレス腱と踵骨(かかつ部分)にある滑液包がアキレス腱を酷使する事により摩擦が繰り返され、炎症を起こしてします。

アキレス腱周囲炎

アキレス腱周囲に炎症症状がある。

アキレス腱周囲炎

8~12歳に少年期に発症。

骨の成長中に内外から外力が加わり圧痛がり、歩くときにも痛みが出る。

アキレス腱炎の施術法|桂東洋鍼灸整骨院

1:骨盤・背骨の歪みからくるアキレス腱炎

人間の土台である骨盤・肩甲骨。これらの骨が歪んでしまい筋肉のバランスが崩れてしまい、アキレス腱炎を発症させてしまいます。日常生活の中で姿勢が崩れ、足を組んだり、座りっぱなし等で悪い〝クセ〟が骨にもついてしまいます。

骨盤から足はスタートしており、骨に歪みが出てしまうと左右の足の長さが異なってきます。しかし、人間はその歪みに気付きません。その〝クセ〟がカラダが覚えてしまい異常に気付かなくなってしまっています。アキレス腱炎がある状態は、骨盤が下に下がり、外に開いている状態でそのまま膝へダイレクトに症状が出てしまいます。左右の足の長さが違うだけで腰・股関節・膝にまで負担がかかり膝のみではなく、その他の部位にも症状を出してきてしまいます。

一刻も早くこの歪みを取り除かないといけません!

※この歪みはレントゲンでは写りません。

2:全身の筋肉の硬結がアキレス腱炎を発生させてしまう原因

筋肉の中にも血管や神経は存在します。骨の歪みがみられず、異常がない場合は何が問題なのか?それは、筋肉の硬結のせいでアキレス腱炎を発生させています。

筋肉の中にも細かい血管や神経が枝葉の別れみたいに細かく存在します。筋肉が硬くなってしまい血管や神経を圧迫してしまい、しっかりと体内に〝栄養や酸素〟が運ばれなくなり膝痛を発生させます。 しかし、あなたは膝だけに原因がない事をご存知ですか?

全ての筋肉は繋がっていて、腰から股関節、膝から足首までも繋がりを持っています。さらには肩や首の筋肉も繋がっています。

保険診療のみでは症状が取り切れない場合もあります…。

膝痛は奥が深く全身の筋肉を診ていく必要があります。

3:鍼灸施術が苦手な方はコチラ!

当院では西洋医学+東洋医学の組み合わせ、統合医療に基づいた施術を行っていきます。 ハイボルテージにより深部の組織に働きかけ回復を促進させるとともに、経絡(ツボ)を使った手技療法で筋肉だけでなく、自律神経系や内蔵の不調にも働きかけます。さらに、人間の土台である骨盤・背骨のズレを取り除き、あなたの不調に根本的にアプローチします。

桂東洋鍼灸整骨院

TEL

住所
〒615-8036
京都市西京区下津林南大般若町88 アルテハイム桂1F
駐車場
5台完備

受付時間