京都市西京区桂東洋鍼灸整骨院のむち打ち症施術

受付時間

TEL

むち打ち症

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 事故後、数日経ってから首が痛い
  • 整形外科に通っているが、症状が改善しない
  • 痛みがずっと続くのかと不安

むち打ち症の主な症状とは|桂東洋鍼灸整骨院

交通事故に遭った8割の方が、『むち打ち症』になるといわれています。
事故直後はむち打ちの症状を感じなくとも、数時間後あるいは数日後に各症状が現れることもあるので、症状が無いからと自己判断で「大丈夫」と思うのは非常に危険です。

むち打ちを治療せずにそのまま放っておくとどうなるのでしょうか?

何年にも渡って首元がスッキリせず、頭痛や肩こり。めまいが頻繁に起こるなどの悩みに苦しめられます。そのような後遺症を防ぐためにも、むち打ち症の知識を持って治療に役立てましょう。

むち打ちは以下の症状が主に挙げられます。

・首、肩、背中への凝りやだるさ、重み

・首の後ろ、側面、前部、頭部、頸椎、腕などへの痛み

・首が回らない、または動かすと痛む

・頭痛、吐き気、めまい、目のカスミや疲労感

・握力の低下、足や指先への麻痺

・首~手先にかけての痺れ

などがあります。

むち打ち症とは?|桂東洋鍼灸整骨院

むち打ち症は、上述の通り交通事故で起きることが多いですが、実は事故以外でも起こります。

接触が多いコンタクトスポーツをしている人は、ぶつかったときに意識が飛んだり、気分が悪くなるような経験はありませんか?

実はそれもむち打ちの症状の一つなのです。不意な衝撃によって頭や首がまるで鞭をうつようにしなって見えることから「むち打ち」といわれています。

むち打ちが起こると関節の動く範囲を超えて周囲の軟部組織を痛めます。それだけなら軽傷で済むこともありますが、頸部には大事な神経が多く通っていて、それらの神経もむち打ちによって痛むのでむち打ちの症状が出るのです。

しかし、症状が実際にあるにもかかわらず病院でのMRIやレントゲンでは明確な原因は映し出されません。ここがむち打ちの厄介なポイントで、自覚症状がそのまま症状となるのです。

したがって、「周囲の人にはこのつらさがわかってもらえない」「症状を嘘だと疑われる」「わかってもらえないのか」など、モヤモヤする方が多くいらっしゃいます。

当院では、そのような患者さまを多く診てきておりますので、つらい症状は理解できますし周りには分からない悩みも理解いたします。

自分の症状改善を優先して、一緒に良くしていきましょう。

むち打ち症を治すために|桂東洋鍼灸整骨院

むち打ちは、症状が強く出る一方で何もない日もあります。

これは、自律神経の症状でもあるので、感情やその日の天気によって自律神経が左右されるためです。

したがって症状が改善したと感じても、翌日には症状がぶり返している。ということもあります。

むち打ち症の改善へは、地道に少しずつ治していくほかありません。

時間を見つけては自身の症状と向き合っていただくことが大切です。当院では最大限のサポートをさせて頂きます。お気軽にご相談ください。

桂東洋鍼灸整骨院

TEL

住所
〒615-8036
京都市西京区下津林南大般若町88 アルテハイム桂1F
駐車場
5台完備

受付時間