腰の痛み「椎間関節症」 西京区/桂川 桂東洋鍼灸整骨院

こんにちは!

西京区/桂川の桂東洋鍼灸整骨院です(^^)/

 

 

 

今回は腰痛の種類についてお話します。

腰痛といってもいろいろ種類がありまして、どこの部分が傷んでいるかで種類や呼び名が変わってきます。

 

 

 

医療用語なので皆さんはほぼほぼ聞いたことがないような名前になります。

 

 

その中でも「椎間関節症」という腰痛をお伝えします。

 

 

 

椎間関節は画像のの場所になります。

 

 

 

これをみてもなんのこっちゃ。だと思いますので症状で説明します。

 

・腰を反ると痛い

・うつ伏せで寝ていると痛い

・うつ伏せで腰をマッサージされると痛みが増す

 

 

 

 

こういった症状だと椎間関節症の腰痛の可能性が大きくなります。

 

 

椎間関節症は椎間関節に圧力がかかると痛みが増すという特徴があり、その関節に圧力がかかる姿勢というのが上の3点です。

 

 

 

 

 

 

椎間関節症を放っておくとどうなるのか??

 

 

 

一言、腰痛の治りがかなり悪くなります。

 

 

こういった経験ありませんか?

・何をやっても治らなかった

・マッサージをすると一時的にマシになるが、時間が経つと痛みが出てくる。

 

 

 

これは腰痛が慢性化している証拠です。

 

 

 

椎間関節症は腰痛の初期になりやすい症状で、椎間関節症を放っておくと周りの筋肉が固まり始めます。

 

 

 

 

筋肉が固くなると当然痛みも出ますし、常に張っている感じはするでしょう。

なので、その段階で何かしらの手を打つ可能性があるのですが、ここで腰痛が治りにくくなるようなことをしてしまいがちです。

 

 

 

それは…マッサージ。

 

 

 

 

え??どういうこと??

 

 

 

 

 

確かにマッサージは筋肉をほぐすにはもってこいです。

でも椎間関節症はマッサージをすると関節に圧力がかかります。なのでマッサージをすればするほど状態は悪くなります。

 

 

 

 

ではどうすればいいのか?

 

 

マッサージをしても圧が逃げるような椎間関節にしておけば、いくらマッサージをしても大丈夫です。

 

 

関節の動きが悪くなるため、いろいろな動作で関節に圧力がかかり、痛みになります。

関節の動きさえよければどんな動作でも圧力が逃げるため痛みにはつながりません。

 

 

 

椎間関節症には関節の動きを良くすることが第一になります。

そのため、施術方法としては骨盤矯正が一番有効です。

 

 

 

 

 

骨盤矯正により関節の動きがよくなると、マッサージをしても問題はなくなるので、その段階で筋肉をしかkりと緩めることができるのです。

 

 

 

 

 

慢性的な腰痛は必ずと言っていいほど、椎間関節症が含まれます。

 

 

慢性的になる前にしっかりと手を打っておくことが大切なので、今の段階でも惜しくありません。放っておかずに腰を施術してあげてください(T_T)

 

 

 

 

———————————————————————————————————

京都市西京区で骨盤背骨矯正・鍼灸施術・交通事故専門施術を提供する

桂東洋鍼灸整骨院

 

〒615-8036

京都市西京区下津林南大般若町88 アルテハイム桂1F

電話番号 075-925-9868

 

JR桂川駅より徒歩15分

 

~受付時間~

1部【月・火・木・金・土】 10:00~14:00

2部【月・火・水・木・金】 16:00~20:30

※水曜日(午前の部)、土曜日(午後の部)、日祝休診

 

 

交通事故専門ページ京都市伏見区/西京区・宇治市 交通事故.com

 

 

【HP】桂東洋鍼灸整骨院

【エキテン】京都市 西京区 桂東洋鍼灸整骨院

【接骨ネット】京都市 西京区 桂東洋鍼灸整骨院

 

【HP】宇治東洋鍼灸整骨院

【エキテン】京都府 宇治市 宇治東洋鍼灸整骨院

【接骨ネット】京都府 宇治市 宇治東洋鍼灸整骨院

 

【HP】永田東洋鍼灸整骨院

【エキテン】京都市 伏見区 永田東洋鍼灸整骨院

【接骨ネット】京都市 伏見区 永田東洋鍼灸整骨院