TFCC損傷について 京都市西京区/ 桂川 桂東洋鍼灸整骨院



皆さんこんにちは!柔整師の梅村です^_^


梅雨明けも間近ですね!

暑い日が続きますが、水分補給をしっかりとして体調には十分に気をつけて下さいね(^^)








今日は手首の痛みについてお話します




『TFCC』って聞いたことありますか?

Triangular FibroCartilage Complexの略で日本語で言うと

三角線維軟骨複合体』という少し長めの難しい名前です。








手首の小指側に存在する、骨と骨の間にある靭帯やクッションのような役割を果たす軟骨部分のことです。





腕の骨は2本あります。


親指側の『橈骨』、小指側の『尺骨』


TFCCが損傷される原因として尺骨が関係してきます。









当てはまる項目ありますか?

・ドアノブを捻ると痛みが出る

・雑巾をしぼると痛い

・手をつくと痛い

・お茶碗が持てない

・手首の小指側が痛い

・重いものが持てない






当てはまる項目が一つでもあれば、TFCC損傷が疑われます。








痛みは進行状況によって変わるので、軽い捻挫だと思い込む人が多く、放置したままにして痛みが強くなる人がいます。



原因として考えられるのは

・手首の使いすぎ(スポーツや仕事)

・交通事故や転倒などによる外傷   

・加齢による変形    などです






外傷など原因がない場合にも起こることがあります。


それは尺骨が橈骨よりも長い場合です。

尺骨に負担がかかり損傷してしまいます。







尺骨突き上げ症候群』と言われています。





手首を小指側に曲げて見てください。

痛み出ませんか?






病院や接骨院でもよく使われる痛みの誘発テストです。

軽い捻挫だと思ってる方は一度試してみてください!


痛みが出ればTFCC損傷が強く疑われます。


TFCC損傷は放置していると治りません。





使い過ぎを防止して安静にしないと、症状はどんどん進行していきます。


手首が腫れてきたり、可動域が制限されたり、じっとしている時でも痛みが出る場合があります。






症状が進行し、重症化すると手術の適応となりますので早めの治療をオススメします!





まず治療としては手首の安静をはかるために、テーピングやサポーターを使用し固定を行います。動かし過ぎないことが第一です。








そして桂東洋鍼灸整骨院では

深部組織の回復を促進させる為にハイボルテージを行ってます。

骨には近い部分になるので当てると少しジーンとした感覚がありますが、大丈夫です。





鍼灸治療も行っています!

少し痛みを伴いますので患者様に合わせて行います。



一人一人にあった治療を考え寄り添い、一緒に治していきます!






手首の痛みが出たらすぐに桂東洋鍼灸整骨院に来てください!

お待ちしております^ ^









京都市西京区で骨盤背骨矯正・鍼灸施術・交通事故専門施術を提供する

桂東洋鍼灸整骨院

〒615-8036

京都市西京区下津林南大般若町88 アルテハイム桂1F

電話番号 075-925-9868

JR桂川駅より徒歩15分

~受付時間~

1部【月・火・木・金・土】 10:00~14:00

2部【月・火・水・木・金】 16:00~20:30

※水曜日(午前の部)、土曜日(午後の部)、日祝休診

≪交通事故専門ページ≫京都市伏見区/西京区・宇治市 交通事故.com

【HP】桂東洋鍼灸整骨院

【エキテン】京都市 西京区 桂東洋鍼灸整骨院

【接骨ネット】京都市 西京区 桂東洋鍼灸整骨院

【HP】宇治東洋鍼灸整骨院

【エキテン】京都府 宇治市 宇治東洋鍼灸整骨院

【接骨ネット】京都府 宇治市 宇治東洋鍼灸整骨院

【HP】永田東洋鍼灸整骨院

【エキテン】京都市 伏見区 永田東洋鍼灸整骨院

【接骨ネット】京都市 伏見区 永田東洋鍼灸整骨院