「L4.5~S1の骨の隙間が狭くなってますねぇ」と言われたあなたへ。 京都市西京区/桂川 桂東洋鍼灸整骨院

京都市の治療院より、、、

こんにちは!

京都市西京区/桂川 桂東洋鍼灸整骨院 【鍼灸師】松下です。

 

 

 

「骨と骨の隙間が狭くなってますねぇ」

「ヘルニア気味になってますね」

「この状態だと手術しないといけません」

 

 

こう診察され、今ある腰痛をどうしていいか分からず困っていませんか?

しかし、腰痛は85%以上が原因不明で筋骨格の施術で回復する可能性がとても高いです。

今回のBLOGは「こういうパターンの腰痛もある」という事で見て下さい(^^)/

 

題名でもあった通り、骨と骨の隙間が狭くなってしまったせいで痛みが出ているんですかね?

当院では、そう診察されても症状を回復させてきましたしその診察以外で原因があると自信があります。

 

 

 

 

まず骨と骨の隙間が狭くなってる話ですが、事実で狭くはなっています。

症状がきつく出ると痛みだけでなく痺れも伴い、だるさが出ます。

そもそも狭くなるのは、骨盤の傾きが原因です。

 

 

日常生活や、普段の自分のクセが原因で「骨盤前傾位」になってしまい

傾いた上半身を無理やり起こそうとして骨の隙間が埋まってしまうのです。

⇩ ⇩ ⇩

pelvis-front

この様な状態で言わば、「反り腰」の状態です。

骨盤が前傾位になると、お辞儀した状態だと背骨が前に傾むき

その状態を身体が背骨を起こして骨の隙間を狭めてしまいます。

 

634939-400x300

 

この状態が続いてデスクワークもしていると、プラスで猫背も入り

とても姿勢が悪く症状回復が遅くなる事もあります。

 

この反り腰の状態で注目すべき筋肉は、

【殿筋】【大腰筋】です。この2つの筋肉がガチガチに硬くなり

反り腰を作ってしまい症状を出しているケースがかなり多いです。

 

 

もし、

「L4.5~S1の骨の隙間が狭くなってますねぇ」と言われ、手術を受けるか迷って悩んでいる方が

居られましたら、一度当院までご相談下さい。

筋肉レベルで回復できるなら、当院の得意な疾患の1つです。

 

 

施術は勿論、自宅でできるセルフケアもお教えします♪

IMG_4493

 

事故HP 【伏見区・西京区】京都市交通事故.com

 

**********************************************************************************

 

京都市西京区で骨盤背骨全身矯正・鍼灸治療・交通事故専門治療を提供する

桂東洋鍼灸整骨院

 

 

〒615-8036京都市西京区下津林南大般若町アルテハイム1F

電話番号 075-925-9868

 

 

~受付時間~

1部 【月・火・木・金・土】 10:00~14:00

 

2部 【月・火・水・木・金】 16:00~20:00

 

※水曜日(午前の部)・土曜日(午後の部)、日祝休診

 

 

 

【症状】

ぎっくり腰腰痛五十肩寝違えぎっくり背中頭痛めまい変形性膝関節症疲労骨折腱鞘炎膝痛足底筋膜炎顔面神経痛むち打ちヘルニア野球肘坐骨神経痛X脚O脚股関節痛足関節捻挫手根管症候群ゴルフ肘肩こり産後の腰痛肉離れ脊柱管狭窄症猫背TFCC損傷オスグッドシュラッター病ジャンパー膝シンスプリント胸郭出口症候群鵞足炎タナ障害斜角筋症候群

 

【HP症状別ページ】

ぎっくり腰腰痛肩こり五十肩寝違え頭痛坐骨神経痛変形性膝関節症

野球肘シンスプリント交通事故後の痛み

 

 

【分院:桂東洋鍼灸整骨院HP     

公式HP:西京区 桂川 桂東洋鍼灸整骨院

 

【優良ポータブルサイト・エキテン】

エキテン:西京区 桂川 エキテン

(2大クーポン付き)

 

【鍼灸コンパス】

鍼灸コンパス:鍼灸コンパス

 

【桂東洋鍼灸整骨院FB

Facebook:西京区 桂川 Facebook

 

【交通事故専門ページ】

公式HP:西京区 桂川 交通事故ページ