坐骨神経痛を走行から考えよう 西京区 桂川 桂東洋鍼灸整骨院

 

 

 

こんにちは!!

 

京都市西京区/桂川の桂東洋鍼灸整骨院

鍼灸師の大橋です(^o^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今週末から段々と寒くなるみたいですね。

22度とか23度とか( ;∀;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

寒くなると神経痛を訴える人は多いと思います!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は神経痛の中でも「坐骨神経痛」について。

 

piriformis_intro01

 

 

 

 

 

そもそも坐骨神経とはなんでしょうか??

 

 

 

 

走行から考えてみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

坐骨神経 走行

 

 

 

 

腰椎と呼ばれる腰骨の横から脊髄神経というのが出ています。

 

 

 

その脊髄神経がたくさんと枝分かれしていくのですが、その中の1つが坐骨神経です。

 

 

 

この坐骨神経は腰骨を出てお尻の筋肉を通り太ももの後ろ、膝の裏まで流れています。

 

 

 

 

お尻の筋肉も様々ありますが、

特に“梨状筋”

 

梨状筋

 

 

 

よく耳にする梨状筋症候群とはこの梨状筋の中で坐骨神経を圧迫している状態です。

 

 

梨状筋はモロに坐骨神経を通しているのでここの筋肉が原因で症状を出すことが多いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よく聞くのが、

 

【長時間座っていたらシビレが強く出る】

 

 

これは長時間梨状筋を圧迫してシビレを誘発している状態です。

 

この時期冷えると筋肉を硬くさせ、神経の通り道を狭めてしまい症状を悪化させてしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなときは京都市西京区/桂川の桂東洋鍼灸整骨院へ(*’▽’)

 

 

 

背骨骨盤矯正で骨格のストレスを取り除き、

 

172

 

 

 

 

針・お灸を使って深層の筋肉にアプローチをかけ、

 

067

 

 

原因の筋肉を緩め神経の通り道をスムーズにしていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

繰り返しになりますが、寒くなると神経痛は悪化しますし治りも遅くなります。

 

 

 

 

少しでも出てきたら早めのご相談を( ゚Д゚)

 

 

 

 

014

 

事故HP 【伏見区・西京区】京都市交通事故.com

**********************************************************************************

京都市西京区で骨盤背骨全身矯正・鍼灸治療・交通事故専門治療を提供する

桂東洋鍼灸整骨院

〒615-8036京都市西京区下津林南大般若町アルテハイム1F

電話番号 075-925-9868

~受付時間~

1部 【月・火・木・金・土】 10:00~14:00

2部 【月・火・水・木・金】 16:00~20:00

※水曜日(午前の部)・土曜日(午後の部)、日祝休診

 

 

【症状】

ぎっくり腰腰痛五十肩寝違えぎっくり背中頭痛めまい変形性膝関節症疲労骨折腱鞘炎膝痛足底筋膜炎顔面神経痛むち打ちヘルニア野球肘坐骨神経痛X脚O脚股関節痛足関節捻挫手根管症候群ゴルフ肘肩こり産後の腰痛肉離れ脊柱管狭窄症猫背TFCC損傷オスグッドシュラッター病ジャンパー膝シンスプリント胸郭出口症候群鵞足炎タナ障害斜角筋症候群

 

 

【HP症状別ページ】

ぎっくり腰腰痛肩こり五十肩寝違え頭痛坐骨神経痛変形性膝関節症

野球肘シンスプリント交通事故後の痛み

 

 

【分院:桂東洋鍼灸整骨院HP     

公式HP:西京区 桂川 桂東洋鍼灸整骨院

【優良ポータブルサイト・エキテン】

エキテン:西京区 桂川 エキテン

(2大クーポン付き)

【鍼灸コンパス】

鍼灸コンパス:鍼灸コンパス

【桂東洋鍼灸整骨院FB

Facebook:西京区 桂川 Facebook

【交通事故専門ページ】

公式HP:西京区 桂川 交通事故ページ