【膝痛 タナ障害】知らぬ間に膝を酷使してませんか? 京都市 西京区 桂川 桂東洋鍼灸整骨院の棚障害(膝痛)

こんにちわ(^_-)-☆

京都市西京区 桂東洋鍼灸整骨院の松下です♪

 

今回のBLOG内容は

「棚障害」です♪

膝の痛みに関するBLOG内容です( ゚Д゚)

 

 

~タナ障害~

 

この様な症状はありませんか?

スポーツ時、膝のお皿内側に痛みやひっかかりがある

膝を曲げると痛みが強く出る

膝の屈伸運動をするとき、何か「コキコキ」「パキパキ」と音が鳴る

膝お皿のあたりに違和感や重苦しさを感じる

スポーツをしていて痛めた

体の柔軟性があまりない

これが当てはまる人は「タナ障害」という疾患かも?!この症状を放っておくと膝を動かしただけでなく安静にしているだけでも痛みがでます。

そうなる前に、早期治療をしていきましょう。

まぁ大丈夫だろうと放置していると回復も遅くなります!

 

 

%e6%a3%9a%e9%9a%9c%e5%ae%b3

 

 

「タナ()とは」

膝の関節の内部には関節腔という空間があり、その空間は滑膜ヒダという膜のような壁で仕切られています。膝蓋骨(膝のお皿)と大腿骨(太ももの骨)の間のヒダは、物をのせる棚のように見えるため、「タナ」と呼ばれています。

滑膜ヒダは母親の胎内にいる胎児期に一時的に作られるもので、胎児の約半数は産まれた後もそのまま残ります。特に何の機能も持たない組織であるため切除しても問題ありません。

 

 

 

 

 

タナは、形状や大きさによって4つのタイプに分かれます。

 

A索状(太く長い状態)にやや盛り上がっている

B膜状(膜のような状態)で幅が狭い

C幅が広く厚みもある(膝関節内の大腿骨内側を覆っている)

Dタナの一部に穴が空き、縁の一部が索状に離脱している

 

このうち、炎症を起こしやすいのはC型とD型で、A型とB型での発症はほとんど見られません。

 

 

【原因】

膝の曲げ伸ばしを繰り返すことで、タナが膝蓋骨(膝のお皿)と大腿骨の間に挟まり、大腿骨の下の膨らんだ部分とこすれて炎症が起こし、腫れや痛みが出るものがタナ障害です。

膝の屈伸と打撲を伴うスポーツ種目によく見られます。また、体質的にタナに厚みがあったり大きかったりする人は、膝を酷使した状態(オーバーユース)で膝を強打したりすると症状が現れやすくなります。特に太ももの筋肉が疲労していると、筋肉が緊張しているためタナの摩擦が強くなり症状が出やすくなります。

ストレッチ不足などにより筋肉が硬く緊張していると、膝蓋骨を引っ張る力が強まることからタナ障害が起こりやすくなります。

スポーツを盛んにしている10~20歳代の若い人に多く、男性より女性の割合が高いです。

 

 

【治療法】

最初の段階できちんと治療すれば、ほとんどの場合、症状が治まり、元通りスポーツに復帰できます。以下の3つを守ってください。

・炎症と痛みが治まるまで、運動を休止する

・超音波や温熱・冷却療法などの物理療法で、膝周辺にある筋肉の緊張を和らげる

・大腿四頭筋の柔軟性を高めるストレッチや、筋肉強化をはかる筋トレを行う

【京都市西京区/桂川の桂東洋鍼灸整骨院の治療法はコレ!】

鍼灸治療奥深い筋肉カチカチの筋肉を早期回復、早期改善します。ただ、痛めた部分だけを治療する「トリガーポイント治療」とは違い、痛めたカ所から離れた筋肉やツボに刺激を加えることで、より早く!より身体に負担のない!治療法を提供します。

膝の症状が落ち着いてきたら、「あれ?膝以外に、肩とか腰に痛みが出てきた!」という方は多くみられます。ポイントポイントの治療をしていると根本的な改善はみられません。

痛みがマシになってきたら、「大腿四頭筋」という筋肉の柔軟性をあげる必要があります。

この筋肉は、脚力をコントロールする非常に大切な筋肉です。あらゆる運動、動作と力強く行う為には「大腿四頭筋」は大切な筋肉です。

 

0

 

 

骨盤背骨の歪みを取るだけで再発しない、元気な身体を取り戻す事が可能です。

矯正治療筋肉と骨の治療をすることで、【痛みの出づらい身体】を作っていきます。

身体の症状を誤魔化さず、筋肉と骨の治療をし、1から身体作りしていきましょう。

 

 

≪膝痛、棚障害、交通事故の専門施術なら桂東洋鍼灸整骨院へ≫

【東洋鍼灸整骨院グループ】桂東洋鍼灸整骨院

住所:京都市西京区下津林大般若町88アルテハイム1F

 

 

【交通事故後の対処法がわかる交通事故専用サイト】

 

事故HP 【伏見区・西京区】京都市交通事故.com

 

**********************************************************************************

 

京都市西京区で骨盤背骨全身矯正・鍼灸治療・交通事故専門治療を提供する

桂東洋鍼灸整骨院

 

 

〒615-8036京都市西京区下津林南大般若町アルテハイム1F

電話番号 075-925-9868

 

 

~受付時間~

1部 【月・火・木・金・土】 10:00~14:00

 

2部 【月・火・水・木・金】 16:00~20:00

 

※水曜日(午前の部)・土曜日(午後の部)、日祝休診

 

 

 

【症状】

ぎっくり腰腰痛五十肩寝違えぎっくり背中頭痛めまい変形性膝関節症疲労骨折腱鞘炎膝痛足底筋膜炎顔面神経痛むち打ちヘルニア野球肘坐骨神経痛X脚O脚股関節痛足関節捻挫手根管症候群ゴルフ肘肩こり産後の腰痛肉離れ脊柱管狭窄症猫背TFCC損傷オスグッドシュラッター病ジャンパー膝シンスプリント胸郭出口症候群鵞足炎タナ障害斜角筋症候群

 

【HP症状別ページ】

ぎっくり腰腰痛肩こり五十肩寝違え頭痛坐骨神経痛変形性膝関節症

野球肘シンスプリント交通事故後の痛み

 

 

【分院:桂東洋鍼灸整骨院HP    

公式HP:西京区 桂川 桂東洋鍼灸整骨院

 

【優良ポータブルサイト・エキテン】

エキテン:西京区 桂川 エキテン

(2大クーポン付き)

 

【桂東洋鍼灸整骨院FB

Facebook:西京区 桂川 Facebook

 

【交通事故専門ページ】

公式HP:西京区 桂川 交通事故ページ

 

【本院:永田東洋鍼灸整骨院HP

公式HP:伏見区 永田東洋鍼灸整骨院