腰痛/「脊柱管狭窄症」と診断され、辛い症状でお困りのあなたへ。 京都市 西京区 桂川 桂東洋鍼灸整骨院の脊柱管狭窄症治療!

こんにちわ!

京都市西京区/桂川の桂東洋鍼灸整骨の松下です。

 

~脊柱管狭窄症~

この様な症状はありませんか?

□腰~足にかけてシビレが出る

□長時間歩けない

□歩いていると、足が痺れてくる

□歩いて痛みが出て、暫く休んだら歩ける

□前屈みになると痛み・痺れがマシになる

□身体を反らすと痛み・痺れが強くなる

 

当てはまる方は、「脊柱管狭窄症」の可能性があります!

脊柱管とは?

 

 

 

%e8%84%8a%e6%9f%b1%e7%ae%a1

 

背骨に囲まれた管状の空間の事を言います。背骨の骨が積み木のように重なってできています。椎体椎弓からなり、その間なある空間(椎孔)が積み重なってできるのが脊柱管です。

脊柱管の中には神経が入っている硬膜という袋があります。首と胸の神経は脳から続く脊髄で、腰の神経は馬尾(ばび)と呼ぶ神経の束や血管が通っています。脊柱管はそれらの神経を守る役割があります。神経は脊柱管の中で枝分かれして体の各部へと伸びていきます。

 

脊柱管狭窄症は、何故起こるのか?

 

%e8%84%8a%e6%9f%b1%e7%ae%a1

脊柱管を取り囲む椎体や椎弓の形が変わったり、靱帯が大きく肥厚したり、椎体と椎体のクッションの役割がある「椎間板」の形が変わり、膨隆・突出・つまり脊柱管を作る組織の変形により脊柱管が狭くなるため、脊柱管の中を通っている神経や枝分かれする神経と、神経に伴走する欠陥が圧迫されることで、神経が障害され、症状として腰痛や足へのシビレなど、さまざまな不具合が起こります。

 

脊柱管が狭くなる原因とは?

生まれつき脊柱管が狭い人もいますが、脊椎が変形して、すべり症を起こしたり椎間板の大きくなったり、靱帯が分厚くなったり、背骨に加齢に伴う変化が加わると原因で脊柱管の狭窄が起こります。老化現象の一つで、年をとると多かれ少なかれ脊柱管は狭くなってきます。

 

なりやすい人はどんな人?

高齢者の方に多く見られますが、若いときに重労働や重いものを持つ職業で無理をしたり、若い時に腰を痛めたことのある人、長時間運転する人などは加齢により、変形性脊椎症が起こり進行しやすく、変性すべり症は中年の女性に起こりやすいことが分かっています。それらの人は腰部脊柱管狭窄症になりやすいです。

 

どんな症状があるのか?

 

%e9%96%93%e6%ac%a0%e6%80%a7%e8%b7%9b%e8%a1%8c

腰痛腰の周りが重かったり、違和感、はり感がある、などに加えて、足にシビレや痛みがある、普段はなんともないが、歩き出すと足がシビレて歩けなかったり、歩きにくくなるが、前かがみで休むとまた歩けるようになる(間欠性跛行)などの症状が腰部脊柱管狭窄症の代表的な症状です。

その症状は太ももからふくらはぎ、足の裏などに、両側に出る場合や片側だけに出る場合があります。足先が持ち上がらない、階段でつまずく、スリッパが脱げやすい、など足に力が入りにくかったりすることもあります。さらに症状が悪化すると、歩行時に尿意を促すなど排尿障害や便秘、肛門部に灼熱感などの異常が起こってきます。足は症状だけで、腰痛は全くない場合もあります。

 

間欠性跛行とは?

 

%e5%8a%a0%e9%bd%a2%e3%80%80%e9%96%93%e6%ac%a0%e6%80%a7%e8%b7%9b%e8%a1%8c

安静にしてるときは何も症状はないが、ある時間歩き続けていると、足の痛みやシビレ、脱力感が強まって、歩きにくくなったり歩けなくなり、しばらく前かがみになって休むと、痛みやシビレが軽くなってまた歩けるようになる症状を間欠性跛行と言います。症状が進むと、歩ける距離がだんだん短くなって、たっているだけでも辛くなることもあります。

安静にしている時に足のシビレや脱力感がある人が歩くことで、これらの症状が強くなったり、反対の足にも症状がでたり、休息で楽になる場合も間欠性跛行と言います。

 

【京都市西京区/桂川の桂東洋鍼灸整骨院の治療法はコレ!】

鍼灸治療奥深い筋肉カチカチの筋肉を早期回復、早期改善します。ただ、痛めた部分だけを治療する「トリガーポイント治療」とは違い、痛めたカ所から離れた筋肉やツボに刺激を加えることで、より早く!より身体に負担のない!治療法を提供します。

腰痛/脊柱管狭窄症の症状が落ち着いてきたら、「あれ?腰以外に、肩とか腕に痛みが出てきた!」という方は多くみられます。ポイントポイントの治療をしていると根本的な改善はみられません。

骨盤背骨の歪みを取るだけで再発しない、元気な身体を取り戻す事が可能です。

矯正治療筋肉と骨の治療をすることで、【痛みの出づらい身体】を作っていきます。

 

img_1036058_37140293_0-jpg

身体の症状を誤魔化さず、筋肉と骨の治療をし、1から身体作りしていきましょう。

京都市西京区/桂川の桂東洋鍼灸整骨は、腰痛/脊椎管狭窄症の治療が

得意な疾患の1つです。

 

 

 

 

≪腰痛、脊柱管狭窄症治療、交通事故の専門施術なら桂東洋鍼灸整骨院へ≫

【東洋鍼灸整骨院グループ】桂東洋鍼灸整骨院

住所:京都市西京区下津林大般若町88アルテハイム1F

 

 

【交通事故後の対処法がわかる交通事故専用サイト】

 

事故HP 【伏見区・西京区】京都市交通事故.com

 

**********************************************************************************

 

京都市西京区で骨盤背骨全身矯正・鍼灸治療・交通事故専門治療を提供する

桂東洋鍼灸整骨院

 

 

〒615-8036京都市西京区下津林南大般若町アルテハイム1F

電話番号 075-925-9868

 

 

~受付時間~

1部 【月・火・木・金・土】 10:00~14:00

 

2部 【月・火・水・木・金】 16:00~20:00

 

※水曜日(午前の部)・土曜日(午後の部)、日祝休診

 

 

 

【症状】

ぎっくり腰腰痛五十肩寝違えぎっくり背中頭痛めまい変形性膝関節症疲労骨折腱鞘炎膝痛足底筋膜炎顔面神経痛むち打ちヘルニア野球肘坐骨神経痛X脚O脚股関節痛足関節捻挫手根管症候群ゴルフ肘肩こり産後の腰痛肉離れ脊柱管狭窄症猫背TFCC損傷オスグッドシュラッター病ジャンパー膝シンスプリント胸郭出口症候群鵞足炎タナ障害斜角筋症候群

 

【HP症状別ページ】

ぎっくり腰腰痛肩こり五十肩寝違え頭痛坐骨神経痛変形性膝関節症

野球肘シンスプリント交通事故後の痛み

 

 

【分院:桂東洋鍼灸整骨院HP    

公式HP:西京区 桂川 桂東洋鍼灸整骨院

 

【優良ポータブルサイト・エキテン】

エキテン:西京区 桂川 エキテン

(2大クーポン付き)

 

【桂東洋鍼灸整骨院FB

Facebook:西京区 桂川 Facebook

 

【交通事故専門ページ】

公式HP:西京区 桂川 交通事故ページ

 

【本院:永田東洋鍼灸整骨院HP

公式HP:伏見区 永田東洋鍼灸整骨院